作業療法士的生活

作業療法士という仕事
作業療法士(Occupational Therapist ; OT)とは、「理学療法士及び作業療法士法」という法令で定められる国家資格の名称です。この法律では、作業療法士を下記のように定義しています。

〔理学療法士及び作業療法士法〕
第2条 2 この法律で「作業療法」とは、身体又は精神に障害のある者に対し、主としてその応用的動作能力又は社会的適応能力の回復を図るため、手芸、工作その他の作業を行なわせることをいう。

第2条 4 この法律で「作業療法士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、作業療法士の名称を用いて、医師の指示の下に、作業療法を行なうことを業とする者をいう。

作業療法という行為ですが、社団法人日本作業療法士協会の定義によると「身体または精神に障害のある者、またはそれが予測されるものに対してその主体的な活動の獲得をはかるため、諸機能の回復・維持および開発を促す作業活動を用いて行う治療・指導・援助を行うこと」とされています。

作業療法士とは、リハビリテーションの現場において、理学療法士言語聴覚士とともに活躍する医療 ・福祉界のスペシャリストです。作業療法士は、人間として生きていく上での(作業)活動を理解・分析し、利用できるよう力を身につけることが不可欠とされていて、入浴や摂食などの日常生活動作から 、職場復帰に至るまで、作業療法は広く関わっています。障害をもった人々の自立生活の援助や個々の 潤った日々作りに積極的に関与する作業療法士の仕事は、生活そのものを力強くサポートしてゆきます。

 

《作業療法士的生活》ホームページへ移動します

Copyright(c) Tsukishima Yuriko All Rghts Rserved.